スタッフブログ

staffblog

新しい床材たちが増えました。

2eda50022efcc3f00e88173635d38ada
まず栗の木です。

クリ(栗)は縄文時代から家に使われているくらい、その高い耐久性が特徴です。
以前は鉄道の枕木にも使われていたようです。
f147df9f59b38f36f6df25ef16369a92
次に楢の木です。

ナラ(楢)は裂けにくく硬いという性質を持っています。

明治以前はナラを扱いやすい形にするのが困難だったため、木材として利用されることはほとんどありませんでした。
その後、技術が発達し、製材が簡単になったため、硬くて良質な木材だとわかり、日本でも広く利用されるようになりました。
4cd7e5ca1f5440c5564d5defa98a9a48
最後に樺の木です。

カバ(樺)は柔らかな木目と部分的にキラリと光るのが特徴です。

見た目と性質がサクラと似ていることから、サクラの代用として使われ始めました。

材質もフローリングの適材として充分な硬さがあります。

こんにちは、smicleの長井です。

五月も残すところ一週間とちょっとですね。

そろそろ梅雨の時期に入ってきそうですね。

さて、スマイクルでは使える床材が増えました。

 

これら三種類の床材が増えました。

スマイクルショールームでサンプルも置いてますので

気なった方はぜひお越しください!

P.S.

今週末の構造見学会、住宅ローンセミナーも開催予定です。

詳しくはHP、インスタのチェックもお願いします!