耐震へのこだわり

Commitment

耐震等級「3」+超制振…耐震へのこだわり

「家族を守れないような家はいらない!」 Smicleの家は全棟最高ランクの耐震性能を誇ります。

  • 大峯広宣画像
  • 1995年1月17日、阪神淡路大震災発生。
    約10万棟の家が全壊。6000人以上の尊い命が奪われ、数えきれない家族の笑顔と幸せが一瞬にしてきえてしまいました。 当時、大阪市内で働いていた私は、お客様や同僚が被災し、少しでも力になれればと、歩いて支援物資を運搬。

    そこには目を疑うような光景がありました。
    うねるアスファルト、根こそぎなぎ倒された家屋…。
    霊安室から悲しみの泣き声が聞こえる隣で、避難所生活をしている人たち。
    家がつぶれ車の中で暖をとっている老夫婦。
  • 被害にあった人の胸の中がカラッポになるような悲しみ。
  • 一生消えることのない心の痛み。この経験が、当社の地震対策への原点です。

耐震等級「3」とは?

耐震等級説明

現在の建築基準法の耐震性(耐震等級1)は、震度6強から震度7程度に対しても倒壊等の被害を生じないレベルと表現されています。

ただ、国土交通省の外郭団体が行った、阪神大震災と同じ振動を加えての実物実験では、
基準法通りに作られた住宅は、倒壊こそしなかったものの大きく傾き、今まで言われていた『基準法をクリアしていれば大丈夫』とは言えない実験結果が出ています。

耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)
※受託性能評価・表示協会による「新築住宅の住宅性能表示制度ガイド」より

等級1
極めてまれに(数百年に一度程度)発生する地震による力に対して、倒壊・崩壊しない程度の耐震性
等級2
等級1で耐えられる地震による力の1.25倍の力に対して、倒壊・崩壊しない程度の耐震性をもつ
等級3
等級1で耐えられる地震による力の1.5倍の力に対して、倒壊・崩壊しない程度の耐震性をもつ
  • つまり、建築基準法に定められた耐震強度を守って建てた震度6強~7程度で倒壊しないことを目標に定めているはずの国の耐震基準が、巨大地震への備えとして十分でない可能性が浮かびあがったのです。
    「耐震等級3だからといって安心ではない」
    だからこそ基準法(等級1)の1.5倍の耐震性とされる耐震等級3は必要なのです。
    さらに、耐震等級3であれば、地震保険も半額となります。保険会社の視点からも地震に対するリスクが低い建物だと捉えられており、かつ経済的なメリットも得られるのであれば、それを選択しない理由は無いと考えています。
  • 屋根

耐震等級3だからといって安心ではない!だからこその「超制震」

  • 耐震+制震
  • 耐震等級3で安心できないというのは、他にも理由があります。
    建築基準法で定められているのは「1度目の大地震」に対しての基準です。
    なので、厳密にいうと、1度目の大地震を耐えた家屋は「耐震等級3」ではなくなるのです。
    つまり、余震で2度3度大きな揺れが起こった場合、家は倒壊する可能性が高くなっていくのです。
    「ならばどうすればいいのか?これ以上の耐震性能は望めないのか?」

そこでSmicleが目を付けたのが「超制震」です。
耐震等級3の家でも震度7※の揺れを複数回受けてしまうと、『ずっと安心』ですと自信を持って言えなくなります。
(※阪神淡路大震災時の震度)
そのため、Smicleでは『ずっと安心』して住んでいただけるように「超制震工法」を取り入れました。

超制震工法とは?

住宅骨組み
  • 建物内部に振動を吸収する「制震テープ※」を取り付けることで建物の揺れを軽減します。 (※高層ビルの制震装置に用いられる粘弾性体) この制震工法を用いることにより、繰り返しの地震の揺れを格段に小さくすることができます。 また、通常のダンパーとは違い、テープになっているので建物の一部ではなく全体をダンパーにすることが可能になったのです。
    「そんなに何度も何度も大きな地震に合うことはないだろう・・・」と思ってはいませんか?
  • 耐震テープ

あの東日本大震災では、M6.5以上(または震度5弱以上)の余震がなんと96回も起こったのです。
日本は地震大国で、5年に1度は大きな地震が起きている現状です。
南海トラフも心配される昨今、「地震に強い家」を建てることは「家族の笑顔」を守ることなのです。

Smicleは安心をより確実なものにして「地震から家族を守る家」をつくります。

耐震テープについてもっと知る