スタッフブログ

staffblog

少しの工夫でお家をグレードアップ!【間接照明編①】

2022AS_0310
出典:コイズミ照明株式会社                                           
インテリアの中でも、ここ数年目覚ましい変化が見られるものの一つに「照明計画」があります。

LEDの登場により照明は大きく変化し、 照明手法の多様化につれ、それに対応する照明器具も日々新しい商品が登場してきました。

 ペンダントライトやブラケットライトなどは、それひとつでぐっと空間の雰囲気を変えてしまうほど存在感のあるものも登場し、照明器具選びは、インテリアコーディネートの中でも楽しい部分ですね

一方で、建築家の建てた家やモデルハウスなどでは、建築に組み込まれたシンプルでモダンな間接照明をよく見かけるようになりました。
天井のダウンライトも少なく、柔らかな光はおしゃれなだけではなく穏やかで、さらに高級感もアップして素敵です
みなさんも「間接照明」という言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか?

「高そう・・・」「難しそう・・・」と思われがちですが、知っていれば実は、それほど難しいものではありません
今回はそんな「理想のお家に近づけるための間接照明の使い方」をお伝えしていきます♪

①建築化照明を活用しよう


みなさんは「建築化照明」という言葉を聞いたことがありますか?

「建築化照明」とは、ペンダントライトやシーリングライトのように照明を露出させず、
天井や壁面にダウンライト等の照明器具を埋め込んで、光のグラデーションにより上質な空間を演出する間接照明の手法です。
間接照明は、天井面への柔らかな光や壁面のテクスチャを強調するような光の使い方で、より一層空間を引き立ててくれ、空間の演出には欠かせません。

特に建築化照明の柔らかな光は、無垢材や塗り壁のような自然素材と相性抜群。

光が当たることにより、その味わいのある美しさが強調されます。

②間接照明の種類


建築化照明には、主に次の2種類があります

   

1, コーブ照明

2, コーニス照明


では、2つの特徴を見ていきましょう。




1, コーブ照明


壁面の両側または片側より天井全体を照らす手法をコーブ照明と呼んでいます。

・左の写真は、空間の高さや開放感を強調するように、
傾斜天井の低い位置からコーブ照明で天井面を柔らかく照らしています。
平屋のお家などで取り入れると素敵ですね

・中央の写真は、天井の端を折り上げたような形の「折り上げ天井」の例ですが、
照明を折り上げ部分の中から横向きに設置することで、
天井面に光が伸び、効果的に優しくライトアップできます。
光が直接目に入らないのでまぶしさも感じず、リラックス感をアップします。

・右の写真は、smicleでも人気のある梁見せ天井の例です。
梁を横から美しく照らしつつ空間の明るさも確保できます。
ダウンライトを補助的に設置し、天井がすっきりしています。


また、お部屋が広い場合には、絵画を照らすようなスポットライトやソファ横にスタンドライト、
テレビボード周りにブラケットなど必要な箇所に
より印象的な光を加えれば、ゆったりとした心地よいリビングになります。



2, コーニス照明

壁面をグラデーションの光やフラットな光で照らし、壁面の素材をより魅力的に演出することが出来る手法が
コーニス照明です。

・左の写真はテレビボードをコーニス照明で照らした例です。
天井からの間接照明が壁面タイルの凹凸を浮かび上がらせています。
テレビの背面を照射することで、テレビ画面と空間の明暗差を減らし目が疲れにくい視環境が作れます。
タイルの素材の陰影が美しく照らし出され、高級感もプラスされています

・中央の写真は寝室の壁面をコーニス照明で照らしています。
バウンドした光が柔らかいグラデーションを造り、空間の明るさを補います。
寝室であれば、天井が低くなってもかえって落ち着き感が出て、取り入れやすいですね。

・右の写真は、スタイリッシュなモダンハウスなどでよく見かけるカーテンを照らしている例です。
カーテンからの反射光は、まぶしさのない心地よい明りを空間に広げます。


smicleの施工例

下がり天井のコーブ照明

20200829_081

ダイニング上の天井を下げ、コーブ照明でキッチン側の天井を照らしています。
 smicleの天井高は標準で2500mmなので、少し下げても閉塞感は感じません。
 壁際に設置した3つのダウンライトも光を描き、 空間にメリハリが出て素敵です。

鏡に取り付けたコーニス照明

こちらは、もっと簡単な例です。洗面の鏡の上下にライトバーを取り付けました。
洗面の光は直接的な光よりもこのように間接的な光の方が影ができにくく、メイクなどにも適しています。
造作で造ったシンプルな鏡ですが、照明を加えることで高級感が増し、また珊瑚の塗壁もより質感が強調されています。


まとめ

今回は、「『建築化照明』って、どんなもの?」ということでご紹介しました。
 次回は『少しの工夫でお家をグレードアップ!【照明編②】』で、コーブ照明・コーニス照明のことをもう少し詳しくお話したいと思います!
お楽しみに♪