スタッフブログ

staffblog

無垢の床材の魅力!②ー栗(チェスナット)&楢(ナラ)/オーク編ー

20211111-03

こんにちは!広報の石上です。

前回の無垢の床材の魅力!①-アカシア編-は読んで頂けましたか?
シリーズ2回目となる今回は、「栗(チェスナット)」「楢(ナラ)/オーク」をご紹介します!

栗とナラ、床材に使うと聞いてピンときましたか?
栗の木…は、栗の実自体があまりにも一般的なので、なんとなく想像がつきますね。
ナラは…正直どんな木かな?という方も多いと思います(私もそうでした)
そもそも、ナラなのかオークなのか?後々ご説明しますね。

今回もイメージがつきやすいように写真と一緒に、
それぞれの「特徴」や床材としての「メリット・デメリット」など
合わせてお話していきますね。


・・・・・目次・・・・・

①栗の特徴
②栗のメリット・デメリット
③楢(ナラ)/オークの特徴
④楢(ナラ)/オークのメリット・デメリット

・・・・・・・・・・・・


①栗の特徴

20211111-05

ではまず栗のお話から。


栗は…

・別名「チェスナット」と呼ばれるブナ科の広葉樹です 
・主な産地は中国・ロシア・北欧・北海道など
・日本でも古来から、寺院の基礎や鉄道の枕木など幅広く使用されている
・固く強度が高い
・湿度・水気に強い

食べられる実の方ばかりに注目されがちな栗ですが、建材としての歴史も古く、日本では馴染の深い植物なのです。
美味しいだけでなく、建材としても優秀なんて…


②栗のメリット・デメリット

20211111-02

では、そんな栗…チェスナットの、建材としてのメリットとデメリットはどんなものでしょうか。


栗(チェスナット)のメリット

・湿度に強く、水回りにオススメ
栗は水分に強く固い素材なので、無垢材の中では水回りに向いている床材といえます。
比較的反りや膨張もしにくい品種なので(もちろん完全にない訳ではありません)
スマイクルでも、洗面所やキッチンに採用されたOB様が多数いらっしゃいます!

・木目がはっきりしていて塗料との相性が良く、和風建築にも合う
しっかりとした木目が特徴であるチェスナットは、塗装をしても木目が損なわれず美しく、
様々なテイストに合わせることができます。
アンティーク調から和風建築まで、木目を生かしたデザインに仕上げることが可能です。


栗(チェスナット)のデメリット

・変色
栗には「タンニン」という成分が含まれています。
タンニンによって徐々に黄色に変色する特徴があります。
ですので、栗を選ぶ際には変色を踏まえて塗料の色を選ぶと良いかもしれませんね。
無塗装やクリア塗装にする場合には、必ず変色後の色味を想定しておきましょう。



木そのものの反りや収縮などもデメリットとして上げられますが、
それは他の無垢材も同様となります。
ただ、前述したように栗は強度のある木材ですので、比較的反りや収縮にも強い性質を持っています。
(乾燥の具合や環境・お手入れによっても変わってきますので、自然素材に絶対はありません)


③楢(ナラ)/オークの特徴

20211111-04

では次はナラ/オークについてです。

始めに説明しますと、ナラとオークは呼び方が違いますがブナ科の広葉樹で同じ樹種です。
厳密にいうと違いがあるようですが、見分けることが難しく、
ナラであってもオークとひとまとめにされていることも多いです。
見た目だけでなく材質もほぼ変わりませんが、ホワイトオーク・レッドオークなどは
全く違ってきますのでご注意ください。

ここではひとまとめで一般的なオークと楢を同じものとしてご紹介しますね。

ナラ(オーク)は…

・ヨーロッパでは「森の王」と呼ばれるほどの広葉樹を代表する樹木
・土足文化であるヨーロッパでも昔から床材として使われてきました
・耐久性・耐水性が高く、固い木質
・「虎斑(とらふ)」と呼ばれる独特の木目模様がある


栗と同じく、固い材質ですが、栗ほど木目の主張は強くないです。
その代わりに虎斑と呼ばれる、ナラ特有の美しい模様があります。

④楢(ナラ)/オークのメリット・デメリット

20211111-01

では、ナラ/オークのメリット・デメリットの紹介です。


ナラ/オークのメリット

・固く性能も良いので、どこにでも貼れる
楢は固く、耐水性や耐久性もバランスよく高いので、どんな場所にも貼れる木材です。
水回りなどには楢よりもオススメ度が高い木材がありますが、
風合いが気に入ったのなら選んでも問題のない素材です。

・木肌の色味に癖がなく、北欧インテリアなどに最適
虎斑模様が美しい楢ですが、全体的な木目は主張が強すぎず、
木肌の色も濃すぎず薄すぎずで、ナチュラルな内装にとてもよく合います。
北欧家具とも相性が良く、優しい風合いやシンプルなインテリアにもピッタリです。


ナラ/オークのデメリット

・表面がささくれ・毛羽立ちやすい傾向がある
無塗装の場合ですが、楢の性質上表面にささくれや毛羽立ちができてくることがあります。
色味が気に入っているのであれば、ナチュラルやクリアで塗装されることをお勧めします。

・表面が固いため、子供部屋などには不向き
北欧スタイルにも合う風合いの楢ですが、固い材質のため小さいお子様のお部屋には不向きかもしれません。
小さいうちはあまり部屋を利用しない等気にならない場合は大丈夫と思いますが、
なるべく柔らかい素材を採用したい場合は避けた方がいいでしょう。

楢も無垢材の中では比較的反りや収縮が少ない木材です。
無垢材は、材質や木目などの特徴を見てお部屋に合わせることが大事ですね。


まとめ



今回は栗とナラをご紹介していきましたが、どうでしたか?

個人的にはナラは一番といっていいくらい好きな床材なので、もっと深堀して紹介したいくらいなのですが…
他にもまだまだ控えているので、このくらいにしておきます!笑

ちなみに、泉佐野中庄に建つスマイクルのモデルハウスは、ほとんどのお部屋に楢無垢材を採用しています♪
(洗面室には栗も使っています!)

↓こちらのリビングの写真が分かりやすいかと思います↓
20211111-06


定期的に見学イベントを行っていますので、実際に見てみたい!という方はぜひお気軽にご参加くださいね。
イベント情報はコチラから!


では、次回は「パイン」をご紹介したいとおもいます♪
お楽しみに(^^)/