スタッフブログ

staffblog

オール電化ってどうなの?

お久しぶりです。
社長の大峯です。

先日は、最近の住宅設備について勉強しようとLIXIL社のショールームへ行ってきました。

エコキュートやIHクッキングヒーターなど、オール電化は今でも目立っていました。

今でこそ、やや減ってきましたが、以前はたくさんCMなどで流れていましたもんね。

私が出会うお客様の中でも、太陽光発電と併せて、オール電化住宅にご興味をもたれるお客様は多いです。

オール電化住宅のメリット・デメリットをまとめてみました。

☆メリット☆
ガス代が基本料金も含めてかからない
・安い深夜電力を利用できるため、電気代を節約できる
・地震などの災害時に、電気・ガス・水道の中で復旧が一番早いとされている
・災害時は給湯器で貯めた水やお湯を生活用水として利用できる(飲用ではない)
・IHクッキングヒーターは炎が発生しないため、ガスよりも火災リスクが低い
・IHクッキングヒーターはガスコンロより汚れにくく、手入れが楽
・ガスのように住宅内に熱源を引き込まないため、ガス漏れや不完全燃焼での
 一酸化炭素中毒の心配がない
・ガスのように、室内に二酸化炭素を増加させず、室内空気を汚さない


★デメリット★
・オール電化住宅向けの料金プランは、昼間の電気代が高額に設定されている
・IHクッキングヒーターではIH用の調理器具しか利用できない
・ガスが無いので、停電してしまうと何もできなくなってしまう
・オール電化住宅は設置費用が高額
・子どもに「火は危険」と教える機会が減り、教育上よくないという人も・・・
・敷地内にエコキュートなど電気温水器の設置スペースの確保が必要
・エコキュートなどは、タンクに貯水されたお湯はそのまま飲用水にはできず、一度
 沸騰させなければならない


…以上がメリット・デメリットとなります。
ちなみに、私個人的には、オール電化をオススメします。

オール電化の場合、深夜に近づくほど電気代が安く設定されています。
そして、家で家族がいるのは昼間よりも夜間が多いです。
そのため、夜間に電気代が安い方がお得だと考えます。

地震などの災害時にも、電気はライフラインの中で最も復旧が早いと言われています。
そもそも長時間停電してしまうような災害時は、ガスも止まっている場合が多いので、
最も復旧の早い電気に頼る方が良いと思うのです。

ガス漏れや不完全燃焼での一酸化炭素中毒の心配がないという点でも、
特に小さなお子様やペットがいる場合は、温度の変化にデリケートにならなければならないため、
オール電化をお勧めしたいです。

ただ、料理の火加減などにこだわりの強い、お料理の好きな方などは、
ガスを選ぶのもアリかなぁと思います。

とは言うものの、結局「どっちがいい」ではなくて、
「どっちが自分のライフスタイルに合っているか」なんですよね。

なので、最終的には当社でも、お客様のライフスタイルを細かく伺った上で、
「こっちの方が合っているなぁ」という方をご提案させていただいています。

皆さんも家づくりの際にはガス・オール電化、自分のライフスタイルを見直してよく考えてみてくださいね。