スタッフブログ

staffblog

断熱材の仕組み

こんにちわ
スマイクルの長井です。

今回は断熱材の仕組みについて書きたいと思います。

断熱とは、前回のブログで書いた、熱伝導を防ぐことです。

鉄などの固体の場合は、その鉄自体を通して、熱が伝わり、

気体の場合は、空気の流れで熱が伝わります。

鉄の熱伝導率は83・5、空気は0.0241と
空気は熱を通しにくいのです。

つまり、空気を多く含む材料を使うほうが、熱が伝わるのを防いでくれます。

例えば、発泡スチロールに氷を敷き詰めて、飲み物を冷やしたりします。
中の氷が溶けにくいのは、発泡スチロール自体が空気を多く含んでいる箱だからです。

なので夏でも氷が溶けにくいんですね。

それでは、また次回に。
08776ee37e8ffff4ce65c2f8882a62c0
f8c0e571dab690ac46849eae796fa188