スタッフブログ

staffblog

色による印象の違い

皆様こんにちは。 建設事業部の林です。

今日は弊社で杉板の塗装に使用しているBonaオイルについて書いていこうと思います。

このBonaオイル、色の種類は10種類以上あり、意外とたくさんの選択肢があります
(中には似たような色もあったりはしますが…)

選ぶ色によってその部屋の印象が大きく変わることもあるので、色のチョイスはとても大事だったりします。

そんな色に寄る印象の違いを実感するときがあったので、その事例を紹介させていただきますね。

この物件は3部屋がほぼ同じ間取りかつほぼ同じ仕上がりとなっています。

ただ、杉板の色にだけ違いを付けています。

まず1つめがこちら。

IMG_20200331_103336
これは何も色を付けていない、いわゆる無塗装の状態です。

全体的に色は薄く白っぽく見えるので、明るく見えます。

2つめはこちら。
IMG_20200409_094703
これはピューリタンパインという色で塗装したものです。明るめの茶色って感じですね。

無塗装と比べて茶色感が増していています。こちらも明るい印象を抱く色ですね。

3つ目はこちら。

IMG_20200409_094639
これはミディアムブラウンという色で塗装したものです。濃い茶色ですね。

シックで落ち着いた雰囲気を醸し出す大人な印象のある色です。


いかがでしたでしょうか? お好みの色合いはございましたか?

木は基本的に塗装が可能となっておりますので、ぜひご自身の感性にあった色で塗装してみてくださいね。

それでは今回はこの辺で。失礼いたします。