スタッフブログ

staffblog

「〇〇〇万円以下で建てられる!」安すぎる広告価格の落とし穴

20220221-02


建売よりも注文住宅が良い!でもなるべくコストは抑えたい!

誰だって少しでも安くお得に良い家を建てたいものですよね。


家づくりを始めると、様々な「安さ」を売りにする広告の宣伝文句に触れると思います。

「35坪4LDK1,000万円」「950万円から建てられる注文住宅」「50坪の平屋が1,500万円」など・・・


この「安さ」をそのまま鵜呑みにして契約することは絶対にお勧めできません。


「広告価格をそのまま鵜呑みにして契約したら、最終的に広告価格とは全く違う高額な支払金額になってしまった…」

なんて後悔エピソードは山ほどあります。


ー価格で選んだ会社だったけど、この支払額ならもしかしたらもっと良い家が建てられたんじゃ…?


そんなモヤモヤを抱えたままだと、せっかくのマイホーム計画を楽しむことができませんよね。

今回は住宅会社の広告表示価格の「安さ」の秘密と、後悔しない為にその見抜き方のコツについてお話していきます。




目次

①そもそも「建物価格」しか表示されていない!

②表示価格に含まれている仕様に注意!

③「広告価格」から本当の「支払金額」を見抜くためのコツ



①そもそも「建物価格」しか表示されていない!

20220221-01


沢山勉強した上で家づくりを始めた方ならば、「表示価格」の見方もある程度ご存知でしょう。

しかし、初めての家づくり、まだ右も左も分からないという方には、この「建物価格」に惑わされてしまうんですね。

価格の横に小さく「建物価格」「建物本体価格」など表記されている場合は注意です。



・「建物価格」とは?

建物価格とは、つまるところ「建物本体のみの価格」外部給排水や諸費用(仮設、設計、確認申請、保証等)ほんらい住み始めるために必要な費用や土地、保険など一切含まない純粋な「お家」そのものの価格のことです。

例えば、建物価格が1,000万円だったとしても、その他に外部給排水や諸費用で500万、土地で1000万円掛かったとしましょう。これだけで、最終的に支払う価格は2,500万円。

外構費用などもここに乗ってくることになりますね。

これはザックリと低めの数字で表しているので、実際には「えっ、こんなに費用が掛かるの?」という部分が、沢山出てくるでしょう。


ですので、この「本体価格」には「その他にかかる費用」が一切乗っていないということを年頭に置いて下さい。

最悪、「本体」とは建物そのものを差し、設備(キッチンやお風呂など)の金額が全く乗っていないこともあります。


②表示価格に含まれている仕様に注意!

20220221-03


商品価格が極端に安く掲載されているとき、その価格の本質は「標準仕様の内容」にあります。

「カッコいい外観のパース」と一緒に目を引く「安い価格」が添えられていたら、「え!?こんなにカッコいい家がこんな値段で建てられるの!?」と思ってしまいますよね。

ただ、家の本質はデザインではなく中身です。

必ず、標準で装備されている仕様と設備を確認しましょう。

建具に引き戸は選べるか?窓に網戸は付いているか?2階のトイレはオプションか?キッチンのグレードは?コンセントの数は?照明は?などなど・・・

極端に安い商品には、「最低でもこれくらいは標準でついているだろう」と思うものがついていないことが多々あります。

そして、それをオプションで付帯していくと価格が膨らんでいき…最終的には「ちょっと予算が…」と諦めた商品よりも高くなってしまった…、なんてこともよくある話です。

こうなってしまわないように、絶対に商品に含まれる装備・仕様は細かく確認しましょう。



③「広告価格」から本当の「支払金額」を見抜くためのコツ

20220221-04

・「本体」価格に注意する

必ず本体価格以外にどんな費用がどのくらいかかるのかを尋ねてください。

これから土地を買うという方には土地費用はもちろん分かりませんが、給排水・電気工事やその他設計費用・確認申請費用など、住宅会社が必ず分かる金額は先に確認しておくことが重要です。

何の費用か分からない、あやふやな金額が上乗せされないか、しっかりと確認しておきましょう。


・建物の「仕様」を確認する

商品に含まれている「設備」や「グレード」などをしっかりと確認しましょう。

広告に記載されていない場合は、営業にたずねたり資料を見せてもらいましょう。

自分たちの望む最低限の仕様が揃っているのか、揃っていない場合は一体どれくらいの追加料金になるのか、しっかりと見極めましょう!

商品の標準と違う設備を希望している場合は、変更をかけた場合どのくらいの金額になるのか、ここで聞いておくとより安心できます。

住宅会社によっては、商品の差額だけでなく追加で工事料金など発生する場合があるからです。


・あやふやな返答をする営業は信用しない!

価格のことをたずねた際、あやふやな金額を返答するような会社は信用してはいけません。

これは住宅に限らずですが、その場で返答できなくとも、後からでもきちんと見積もりを提示してくれる誠実な住宅会社を選ぶようにしましょう。


まとめ


以上が住宅の「広告価格」に潜む落とし穴と、その見極め方のコツでした。

いかがでしたか?

あなたのマイホーム計画が、より良い幸せなものになれば幸いです!



スマイクルでは他にもマイホーム計画に役立つ情報や資金のことなどを分かりやすく勉強できる、予約制の家づくりセミナーを開催しております。


ufwpe066ct_thumb

お子様づれでも安心頂けるよう、女性の子守スタッフやキッズスペースも完備しております♪

無料でご参加頂けますので、ぜひご家族そろってご予約ください☺

美味しいお茶とお菓子をご用意してお待ちしております♪