スタッフブログ

staffblog

熱中症に気を付けて! その3(最終回)

皆様こんにちは。 建設事業部の林です。

最近は少し気温も下がってきて、これからは過ごしやすい気候になりそうな気配が感じられますね
そのかわり今度は台風が近づきつつあるようで…。
ままならないですね

熱中症に関する記事は今回で3回目ですね。
それでは今回はまず熱中症の症状についてお話ししていきたいと思います。
熱中症の症状はその重症度に応じてⅠ度、Ⅱ度、Ⅲ度に分類することが出来ます。
Ⅰ度:立ち眩みなどのめまい、手足のしびれ、筋肉痛、気分がすぐれない
Ⅱ度:全身の倦怠感、頭痛、吐き気、嘔吐
Ⅲ度:Ⅱ度の症状に加えて、意識障害、手足の運動障害が出てくる

気温の高い場所にいてⅠ度の症状が出てきたら、すぐに涼しい場所に移動し、濡れタオルや扇風機などで体を冷やし水分をとりましょう。
その時には衣服を緩めて体に溜まった熱を放出させるようにするのも大切です。
また、可能であれば誰かに付き添ってもらい、意識の混濁が見られたり自分で水を飲めないような状態であればⅡ度だと判断して病院に搬送してもらいましょう。

では最後に『熱中症を予防するにはどうしたらよいのか』について書いていこうと思います。
熱中症にならないようにするには脱水状態にならないことと、体温の上昇を抑えることが肝要です。
なのでこまめに水分を取ったり暑い場所を避けるようにしましょう。
とはいえ職人さんたちなど現場で働く人たちにとっては、暑い場所を避けるというのがとても困難な場合が多いです。
そこで以下のポイントに気を付けて行動してみるとよいのではないでしょうか。

①無理をしすぎない ②細かく適宜に休憩をとる
③風通しの良い環境を作る ④汗の吸収、吸湿性に優れた衣服を着用する
⑤急に気温の上がる日は特に注意する ⑥体調管理(二日酔いや寝不足などにならないようにする)

最後に一つだけ、絶対に気を付けなければならないことがあります。
それは水分補給と言ってアルコールの入った飲料を絶対に飲んではいけない!ということです。
アルコールには利尿作用があるため、水分として摂取してもそれ以上に尿として排出しようとしてしまうからです。

それでは長くなってしまいましたが今回はこの辺りで。 失礼いたします。