スタッフブログ

staffblog

漏水トラブル

ここ最近の起こる最も多いお家のトラブルのひとつ、「漏水トラブル」!!

以下のケースのように、原因が分かり易かったり、建物の構造が単純な場合、比較的容易に漏水を止められる事も有ります。

・浴室、電気温水器等、室内設備の水まわりからの漏水
・バルコニーの排水口や、屋上の排水口がつまり、水たまりが出来ている
・木造や軽量鉄骨の建物で、原因個所から垂直に漏水しているケース

しかし、ほとんどの場合は漏水個所の特定から漏水の改善まで、皆様が想像している以上に時間がかかります。

特に鉄筋コンクリート系の建物では、水の侵入経路が非常に複雑になりやすく、一回の施工でピタリと漏水を止めるのは、非常に困難です。
漏水は建物の老朽化が原因である事がほとんどです。

老朽化した建物では漏水の原因が特定できないほど、多くの要素が絡み合い原因となる事も良くあります。

以下に挙げる、主だった原因を一つ一つつぶしながら、根気よく調査を進めるしかありません。

●漏水(雨漏り)の主な原因。
・バルコニー、外部に面した共用部の廊下(外壁よりも防水塗膜の劣化が進みやすく、漏水の原因となり易い)
・屋根の瓦
・窓のサッシ回り(特に天窓や出窓といった、特殊な形状をした窓の周辺が原因となることが多いです)
・外壁のクラック
・外壁のシーリング部分

これらの個所の劣化具合を確認し、原因と思われるところに水をかけ、漏水すれば補修を行い様子を見る。

再び漏水を起こした場合には再度同じ作業を繰り返しながら、時間をかけてメンテナンスをしていきます。

このように漏水は手間、時間、費用が掛かりるうえ、建物内部の骨格を痛める等、躯体の老朽化を早めてしまう非常に厄介なトラブルなんです。

梅雨も明け、台風シーズンを迎える前に一度、屋根、外壁の点検について
創 TuKuRu にお気軽にご相談下さい!!