スタッフブログ

staffblog

最近の窓はなぜ複層なのか

こんにちは、スマイクルの長井です。

前回の「断熱」についての続きなのですが・・・

断熱について調べていると、

窓と断熱もかなり深い関係にあるということがわかりました。

「最近の窓は、なぜ複層なのか」お話ししたいと思います。

まず、前回も書いたように空気は熱を伝えにくいものです。

空気は熱を通しにくいので、断熱材性能は空気がものを言います。

そして、窓にも利用されています。

「ペアガラス」や、「複層ガラス」といったものです。

ペアガラスは2枚、複層ガラスは3枚重なっています。

その間に、空気を入れておいて、空気で断熱層を作ることで、


窓からの熱の伝わりを減らすことができます。

夏は外の熱気を、冬は外の冷たい空気を伝わりにくくすることができます。

それで、冷暖房の使用を抑えつつ、快適に暮らすことができます。

だから、最近の窓はペアや複層がふつうになっています!!

窓を見直してみると、熱効率もアップし

無駄なエネルギーを減らし、光熱費も削減できるかもしれません。

意外にも断熱性能の観点からみると窓の性能を考えるということはとても需要です








main_sp