スタッフブログ

staffblog

無垢材っていいね!

goodpoint1
どうも!

最近Netflixにどハマり中スマイクルの長谷川です。


今回は無垢材について説明させていただきます。


無垢材とは、天然の木を乾燥させ、そのまま利用した木材を指します。


伐採した木を柱や梁に形を整えて使用します。


無垢材は接着剤を多く使う集成材などと違い、形を整えるだけなので、加工された後も空気中の水分を吸収・放出しています。


無垢材を使用した家はその木の性質を反映しやすく、同じ無垢材でも木の種類によって耐久性等が異なるのも特徴です。

弊社では、「ひのきの無垢材」を柱や基礎に使用しています。

そこで注目したいのがひのきの特徴です。


ひのきは伐採後、200年という長い時間をかけて強度を増していき、さらに1000年かけて元の強度に戻ります。


また無垢材を建築材として使用することで、天然の木の香りによるリラックス効果が期待できます。


ひのきは防虫効果も高く、シロアリによる害も起きにくいメリットがあります。


無垢材は魅力的ですね



詳しくはスマイクルへお越しください

お客様の未来を輝かせたい



スマイクルの長谷川