スタッフブログ

staffblog

IoT住宅って何?

iot

 

こんにちは。

スマイクルの長井です。

 

 

今回は前回の予告通り、IoT住宅について書こうと思います。

 

 

まず簡単におさらいすると、

IoTとはInternet of Thingsの略でいろんなモノをインターネットにつなぐことで

私たちの暮らしをより便利に効率的にしていくことです。

 

 

そしてIoT住宅というのは、IoTを利用して

玄関ドアのカギをスマートフォンにしたり、

外出先からエアコンを予約したり、

自動掃除機ロボットに遠隔操作で掃除してもらうといったことを可能にしますthunder

そこでIoT化に不可欠なのが前回の5Gということになります。

 

5Gの普及していくことでますますIoT住宅が増えていくと言われています。

CMでも見かけるようになったスマートスピーカーもIoTの一部です。

Google,Amazon,Apple 知らない人はいないIT分野の最先端を行くこの三社のスマートスピーカーが有名ですね。

日本の会社がないのがさみしい気もしますが、、、thunder

例えば、「Hey Siri 音楽を再生して」というと再生してくれます。

そして

大手住宅設備メーカーもIoT関連商品の開発発売を進めています。

 

 

今後ものすごいスピードで進んでいくことが予想される家のIoT化にどのように対応していけば

いいのでしょうか?

将来のIoT化に向けたお家つくりのために、今からマイホームを建てるお客様に向けていくつかの

ポイントをご紹介したいと思います。

 

1.コンセントの数

IoT住宅は電化製品や住宅設備をAIが制御してくれるので、電源となるコンセントは必ず必要

です。

2.段差をなくす

ルンバなどの自動掃除機も、仕事中、お出かけ中にスマートフォンで掃除を指示できるようになります。

そんなときのためにできるだけ段差を無くしたほうがきれいに掃除してくれます。

3.ドアは引き戸にする

空間を仕切る扉には、開き戸と引き戸がありますが、ドアも自動化されると予想されてます。

なので引き戸にしておくほうがIoTへの対応が簡単です。

ただ引き戸のほうが、IoT化しない場合でも、家事動線が楽になるメリットがあります。

 

そして、スマイクルでは定額制のビュッフェスタイルとして、

自然素材を使いたい放題、コンセントもつけ放題家の中のドアも引き戸を多くしても

追加料金なしです !!

自然素材をたくさん使いつつ、IoT化にも興味があり将来的に備えたいお客様は

スマイクルのモデルハウスへ、是非一度お越しください!!

スマイクルのモデルハウス見学会